<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0227120_19243872.jpg

日々、ヘロヘロの中、境界線を行ったり来たり…
相変わらずそんな松浦です。

今日も、あれをしたりこれをしたり…
気がつけば、夕暮れ。

目の前に広がる雲…
真っ赤です(-_-;)

ちょっと気持ち悪い色………


ま、心身ともにアップアップで、基本思考ネガティブな松浦ですから、前向きにならない(笑)

ただ、前を見る自分、もやもやの中にはいるので。
一つずつ、晴らしながら(^^ゞ


明日も朝から夜までビッチリコンですが、踏ん張ってみます(笑)
[PR]
先日、福島青年会議所さまより当青年会議所のエリアでもあります半田譲芳幼稚園の園児へランドセルの贈呈式が幼稚園で行われました。だてエリア内でも特に地震被害が大きかった国見・桑折町では自宅が半壊・全壊した住宅もありました。
f0227120_14423166.jpg
f0227120_14425593.jpg
f0227120_14434094.jpg
f0227120_14454934.jpg
f0227120_1446792.jpg
f0227120_14462412.jpg
f0227120_14474458.jpg

f0227120_14493446.jpg

宮崎理事長の挨拶・松浦理事長の挨拶・渡辺委員長の挨拶のあと大事に使ってくださいと園児一人一人に手渡されました。
園児を代表して2名の園児よりお礼の言葉をいただきました。
宮崎理事長・渡辺委員長メンバー皆様本当にありがとうございました。
[PR]
f0227120_19331479.jpg

だいぶ、ぼろぼろになっている、松浦です(笑)

なんなんでしょう…
今年に入ってからのボディーブローが、きっちり効いてるようなかんじで(笑)


踏ん張ると、余計にダメージがきて、ギリギリで踏みとどまる…
そんなかんじです。


すべてを投げ出したら、楽になるのか…
そんなことが頭を廻り。
重りのついた足を引きずりながらあるいてる…
そんなかんじの、心身のだるさ。


現状の、真綿で締まるような現実と、先行きの見えなさ…
きついですけど。

順番に、ローリングアタック(笑)

みんなで、順繰り…
うまくローテーションしながらできればいいんだけどね。

そんな妄想をしながら、今日もカツカツ仕事ややらなきゃなことを…
[PR]
f0227120_2143922.jpg

お久しぶりでございますm(__)m

心身ともに、ダメージにやられまくっている松浦です(-_-;)

JC議連との会合で東京へ行った以降くらいから…
全身のだるさ、お通じの不通、偏頭痛…
病弱でナイーブなおっさんの本領発揮中であります…

どうも、気持ちも、前向きになりきれず。
さりとて、リミットブレイクしてダーク松浦の発動もせず。

ギリギリの限界点で、踏みとどまりながら…だと、やはりロスが大きいですね…


福島青年会議所さんや宮崎理事長の活躍や。
理事会のこと。
いろいろ、UPすること、ご報告すること…たくさんあるのですが(._.)

気持ちが折れてます。
ちょっとずつ…戻しますから、しばらくはユルユルお付き合いくださいm(__)m
[PR]
f0227120_21121931.jpg

どうやら。
以前にブログで記載していたような…
そんな現実、現況が、現出してきていますね。


何を、本懐とし。
何を、見据え。
なんのために…
どうなるために…

その、根本が。
やはり、露呈しています。

俗に言う『5W1H』

何時
どこで
誰と
何を
どのように
なんのために

…これが揃わない計画は、本質からずれます。

…日本人、あるいは官僚や役人の思考は、この部分からありきで、穴埋め作文をするのが得意ですが(笑)

この『5W1H』は…

目指すべき未来・未来のビジョン

…に対して用いられなければ、大きな過ちに繋がります。

目的を達成するために、手法はある。
手法ありき…は、目指す先につながらず、目的を失う。
手法は『本質を現す』


現状の、現出している諸問題、あるいは行われている行動…

それは
何を守るため?
誰を守るため?
何を成し得るため?

根本が誤れば、すべては誤ったかたちにしかならないだけ。


利己排他的な主義か?
利他滅私なのか?
Win―Winなのか?

その人の行動が。
その人の『本質』をあぶり出します。

うわべのメッキ。
上っ面のことば。
それは、いかようにも塗り固められるけど。

本質は、露呈する。


どうも、ポピュリズムと利己主義…から、いまだに脱却出来ずに。
本当に大切にすべきこと、現状の正確な認識、見据えるべき未来…
見えずにいるんだというのが、よくよくわかります。

今までに何度も書いていますが…
今は、国家存亡の危機。
存亡の分岐点。

ことなかれ主義、臭いものには蓋…
日本人はしがちですし。
熱しやすく冷めやすい、目の前のものに釣られ、右向け右…
日本人はしがちです。

けれど。
臭いものには蓋をして、対処療法…は。
経済成長期、発展期には、可能ですが。
成熟期、衰退期…には、絶対にやってはならない。

過去の歴史を振りかえりみても…
自己の利権、保身…を、成熟期や衰退期に行った権力や国家は、ことごとく滅んでいます。

ま、人間の性、人間の業、人間の愚かさ…の側面も、クラッシュ&ビルドのサイクルも…
解るのですが。


これだけ、高度に文明化され、且つ世界的に連密に繋がった社会…で。
単純なクラッシュ&ビルドが成し得るかは、正直強い疑念があります。


今、日本国並びに被災の最前線…で起きているのは。
以前、強く危惧していた…
関心と熱が薄れ続ける中で、うわべのメッキとうわべのドラマだけが取り上げられ…
櫛からはがこぼれ、掌から砂がこぼれ、真綿でじわじわと絞まるような…
そんな、現実が、現出し続けています。


今、私達が、本質に気付けないなら。
今、私達が、根本的な変革を成し得ないなら。
日本という国、日本人という民族…に、暗黒の時代がきてしまう。

…もしかしたら、もしかしたら、神風ふくかもしれませんが(笑)

そんな都合よく都合イイタイミングで…なんか、毎回毎回あるなんか、ありえませんから。


今…。
見えている、本質の問題を。
一つずつ。
そこに向けて、歩んでいかなくてはですね。
[PR]
f0227120_19594390.jpg

本日も、夏を思わせる気候で…かなり蒸し暑かったのですが。
夕方には、雨がざっと降りました。

私、雨の匂い…好きなんですよ(^-^)/

落ち着きます…


匂いって、すごく大切ですよね(^O^)

私、かなり、匂いフェチ…だと思います。


特に、女性の匂い…好きな匂いだったりすると、即、好きになります(笑)


好きな時間、好きな空間、好きな佇まい…
安心できるって、すごく大切。

今は、どうも『安心』が揺らいでいて。
みんな、どこかに不安や苛立ちを抱えていますが。

特に、最前線…でもなく、安全圏でもない、このだての地のようなエリアでは、特に…。


様々な問題はいまだ終息の目処はなく。
後手後手に噴出する問題、これからも続くでしょうが。

しかし、一歩ずつ。
…人にはそうしかできないですしね
[PR]
f0227120_1746591.jpg

本日も、夏を思わせる気候で…かなり蒸し暑かったのですが。
時折吹く風が、気持ちイイ…初夏のだて地域。

そんなかんじでした。


なんだか、やらねばなことが山盛りで…
オーバーフロー中でございます(-_-;)
踏ん張ります…
[PR]
f0227120_17281416.jpg

f0227120_17281493.jpg

f0227120_17281457.jpg

f0227120_17281433.jpg

昨日は、だての地で(公社)日本青年会議所 東北地区 福島ブロック協議会の会員会議所が開催されました。
臨時会員会議所です。


あの日以降…
福島ブロックの全事業は凍結され。
緊急支援、災害地並びに被災者支援…に特化され、活動が展開されてきました。
しかし、通常フェーズへの移行を見据え、昨日だての地で臨時会員会議所が開催されたのです。


午前九時から役員会、午後一時から会員会議所…の予定でしたが。
役員会は閉会時間をオーバーし会員会議所の開会時間が遅れる、あるいは会員会議所の会議時間の延長動議がなされるなど、熱く真剣な会議が開催されました。

実際、議題に上がる案件…は、実際的には、緊急フェイズでの事業報告並びに、本来開催するはずだった事業の中止に関した処理…と、以降の『方向性』と『大枠のフレーム』でした。

紛糾する要素はないですし、定刻通りのシャンシャン…となってもおかしくないかとは思っていましたし。
議案内容も、正直、詰めた議論が為せるものではありませんでしたかから。


しかし、終了時間が後ろにずれるほど…
それは、やはり、現状への思い…が全てだったろうと思います。


以前のブログでも書きましたが…
私は、長期になるほど、興味が関心が薄れていく中で…危機的な状況が現出すると考えています。


今回の震災は。
日本国の経済も基盤も、閉塞し行き詰まった状況で起こりました。
社会保障、財政基盤…は崩壊しており、国債額が900兆を超え、出生動向も国勢も超高齢化且つ生産世代の現象と負担増にしか向かわない、内需の縮小しか産み出さない…そんな先にしか、どうみてもならない。
地方の疲弊はイコール都市部の疲弊、国家の疲弊にしかならない…中で、施策もうてず、あるいは目先の問題の中での足の引っ張り合い、責任転嫁、犯人探し…後手後手の対処療法を人気取りのポピュリズムでしか出来ない…
そんな現況の中であったわけですから。
隠しあるいは目を逸らしてきたこと…に、面と向かわなければならない状況が、これから頻発していくでしょう。

そんな中…
過日に行われた、内閣不信任案の採決等は、そういった現出の端緒でしか無いと考えています。

これから、市民国民一人一人に…負担と危機がのし掛かり、直面せざるを得なくなった時に。


本当に、その厳しさを、乗り越えられるのか…


今、被災地並びにその周辺では、櫛から歯が抜けるように…人口の流出、経済の縮小…真綿でゆっくりと首を絞められるように、掌から少しずつ砂がこぼれるように…
起きています。

東北人は、主張をあまりしませんし、沈黙が金という考え方が強い。
しかし…主張しないから思ってない…では無い。

マスコミもあるいは行政や代議士やも…
自身の主観に沿う部分のみあるいは『上っ面の』部分…ばかり、ですが。


未来のビジョン。
未来へのフラッグ。

それが、無い。


現実的な実感を。
日々の中で少しずつ砂がこぼれていく現実を。
実際にしている私達には。
様々な想いが、マグマのように腹の中で…
膨らんでいます。

しかし、それを。
要望やら愚痴やら…give、give、give…で『求める』のではなく。
takeしていく中で、必要な部分を求める。
それが、必要だと考えます。

誰かに…やってもらう?
誰かが…やってくれる?
誰か…という『他人任せ』で、自分自身の一回しかない人生を、一度きりで戻りもやり直しも出来ない刻を、するのでしょうか?

他人に任せるなら…文句は言えない。
言えるわけが無い。
他人に、任せたんだから。

『自分自身が』
自分自身も、自分の家族や仲間も、自分の大切なものも…守り、築くのではないですか?

どうも、個人的には。
補償、補助、要望…『ぶら下がりと享受』の思考と、それが蔓延し正論である化のように正当化する現況に、ものすごい違和感があります。


復旧…ではなく。
復興。


それは、以前よりも興したものとなるべきであるし、そう出来れば、これまでの地方や日本国が抱えていた問題を含め『根本的な問題』を、変革し。

『本質的な転換』
を成し得るのですが。


…それこそが、今回の震災で失われた命に。
日常や幸せを奪われ、なんてことの無いことすら出来なくなってしまった方々に…。
報う、唯一の方法なのではないのか?
私はそう考えます。


震災で、悲しく悔しく辛い…本当に厳しい思いをしながら歯を食い縛っている人々に。
震災で、突然に命も時間も奪われ…もう何も出来なくなってしまった魂に。


あれだけの厳しいことが…あった『けれど』


そう報告できるために。
そう感じてもらえるために。

今を生きている、私達は…為せることが、ある。


今…為せなかったなら、失われた命に、悔しく悲しい思いを耐えている人々に…私は、面と向かえません。

今、今だからこそ。
為さねばならないことがある。
あの日以来、はじめて…
県内の全理事長が一同に会し。
改めてのスタート、未来への一歩…を。
成し得た昨日の会議は、開催したこと、一歩を踏み出したこと…に、大きな意義がありましたし。
そんな仲間と同じ時間をな共有できたこと、本当にうれしかったです。

また、本当にうれしかったご報告をひとつ。


(公社)日本青年会議所のナショナルアイデンティティ確立会議の青木議長がオブザーブ参加され。
警戒区域となり、立ち入れなくなった…浪江青年会議所と南双葉青年会議所に。
ロム旗を贈呈していただいたのです。

青木議長は安藤副会頭の名代として参加されたとのことですが、このだての地まで…足労頂いた『想いに』
本当に感謝します。

安藤副会頭、青木議長…
『お心遣い・志』有り難うございます。


誰かが…じゃなく、みんなで。
明日を未来を。
築くために。
歩んでいきましょう。
[PR]
f0227120_1154544.jpg

おはようございます。

今日のだて地域は、じとっともわっと暑くて…
じんわり汗がにじんでくるような気候です。


今までなら…
子供達が、至るところで、泥だらけになりながら、はしゃぐ声が響き。
半袖姿の市民達が、汗を拭きながら往来し活動している。
そんな姿が、見受けられるんですが…

115号線で相馬エリアとの往来をする車両を含め、かなりの交通量、車が列をなしますが。

人の往来の姿が、なかなか見受けられない。

そんな現状に、様々に思うこと、考えること、あります。


しかし、どこを見据え、何を為すのか…
行動に移さなければ、思いは思いのまま妄想でしかなくなり、考えはただの机上の空論としかならないのですから。

何を、見て。
何に、気付き。
何が、必要で。

何のために、どうなるために…
気を遣う、のか?
気を氣と成せるのか?

腹落ちした…
覚悟・志。

それが、これから問われ続けていきます。

日本人のあり方が。
日本人の覚悟が。


疲弊し閉塞していた状況下で、隠し、目を逸らし、メッキで繕い続けながら…
そうやっていた状態で、あの日がきました。

塗り重ねていたメッキは剥がれ、臭いものに被せていた蓋が外れ。

非常時、乱世、厳しい現実…が、現出したから。
本質しか、現れません。

自己の保身、自己だけの利…が、本質なのか?
責任転嫁や犯人探しをすれば、現状は変わるのか?

今、よくよく、とらまえなければでしょう。


現状を見れば、破滅への道をひた走っていますが。

その現状を変えるために…氣を遣い。
明日のために。


今、だての地で、(公社)日本青年会議所 東北地区 福島ブロック協議会の役員会が、開催されています。
午後からは、会員会議所が引き続き、だての地で開催されます。


未来のために!
そんな時間になるよう、私自身も、今一度様々なことをとらまえて。
しっかりとした良い時間を、未来に繋がる刻を。
そうします。
[PR]
f0227120_19115943.jpg

f0227120_19115987.jpg

昨日は、気がつけば…

今日は、気がつかないから…

掛けてます(笑)


ただ、どうも最近の現状…を見渡すと。
笑えないですね。


今、だて地方は…陽が暮れてきています。
すごく、きれいな、夕日と。
その光に照らされた、橙色の空と雲。

気がつかないなら、見ようとしないなら…
見逃してしまいます。


今、あの日から約3ヶ月を迎えようとしていますが。
もう、喉元過ぎたら熱さは忘れられ、他人事…なのでしょうか?


こうしてる今も。
最前線で命を懸けながら…懸命に作業をしている方々がいます。
いまだに進まない、瓦礫や被災の爪痕の、撤去。
撤去すら、進まない現状。
復旧のスタートで躓いたまま…
復興など、果たして可能なのか?という気すらします。


私個人は。
やり方によっては…
日本のこれまでの膿を出し。
不況や、日本人のあり方や、日本のシステム…を変革し、より良い未来に出来る、契機に。
…それが、失われた命、尊い命に報う、唯一の、残された者の責務だと、考えていました。

残された者が、幸せになる…それが、失われた命に、したくてももう何もできなくなってしまった悔しさと哀しさに…対して、報う唯一の私たちが成すべきこと。

そう考えていますが。

どうも、見えてない方々…が、たくさんたくさんいて。

本当に、怒りと、辟易とした思いと…


なんで、目の前のこと、保身、責任転嫁、犯人探し…そんなことしか出来ないのでは。
その先にある未来は…

今の目先を、見ているのか?
十年先、百年先の未来を、見ているのか?

他人事で見ているのか?
自分自身の事として見ているのか?


そこが、決定的な…
気付くか気づかないかの、分かれ目。

未来の、分岐点。


今一度。
今、だからこそ。
今しか、ないから。
本当に大切なことを、見返して。
歩むべき未来を。
その未来に到達するために、繋がる道を。
そう考えます。
[PR]