名もなき詩 の つづき

3・11…の、後。


ずっと、ミスチルの歌、聞けなかった。
歌えなかった。

こころが、耐えきれなくて。

涙が、出てきて。

きつくて。
こころが、潰れて。


ホント、あの刻、あの瞬間、以降…

ずっと、気持ちは、笑えなくて。


…笑い顔を作るのは、出来るんだけど。


俺って、こんなに、泣けたっけ?ってかんじで。

つい最近も…2月23日の夜、涙出ましたが(・o・)

俺、悔しいと、泣ける。

悲しい…だけじゃ、泣けなくて。
そこに、悔しさ…が入ると、涙が出てくる。


なんで、俺は。
やらなかったんだろう…
出来なかったんだろう…
俺は、なんて、力がないんだろう…
自分のやってきたことは、なんだったんだろう…

そんな、悔しさ。


その気持ちが、入ると。

泣けてくる。


去年…は。
年当初から、きつかった。
きついっていうのを、越えて、きつかった。


…本当は、一昨年、2010の秋くらい…から。

こころは、ボロボロだった。


あまりにも、いろんなことがあって。


成り行き任せの、恋に落ち。
時には誰かを傷つけたとしても。
心痛めるような、時代じゃない。

…ホント、そうで、さ。

みんな、自分だけの都合で。


誰かを、思いやれば。
仇に、なり。

自分の胸に、突き刺さる。

…地でいってた(笑)


ていうか、多分。
俺は。

自分の一回しかない刻の中で。

そうしか出来ないし。
そっちを、選び続ける。

解ってて、自分が背負って傷ついて痛くて、なにもなくても…

解ってて、やる。


自分に都合よく…うまくいくな…なんか、考えなくて。

自分に悪い方…を考えた上で、やる。


バカ(笑)


好かれるかも!…とか。
うまくいくかも!…とか。
考えない。


俺の思考は
最悪のケースや。
悪くなること…を。
前提にしか、考えない。


現実は、ネジ曲がらないから…



だから、自分に都合のいいストーリーを。
恋だの、その場の感情や、やりもしないで現実や結果がうまくいくと。

思い込める人。

うらやましい。

いいなぁ…って、いつも思ってきた。

同時に。
『現実的に』考えろよ…って、思ってきた。


好かれようと、思うなら。
自分に都合よく、見返りがあるように、得するように、やるなら。


…そんなやり方、知ってるし。
出来る。
やれる。


けど、さ。
そんなの、さ。

『気持ちよくない』
『その場だけで、未来がない』
『現実が↓なるだけ』

そう思う。


大切だから『こそ』

嫌われようが、なにしようが…
言わなきゃなこと、も。
やらなきゃなこと、も。

結果でできなきゃな、現実、も。

あると、思うから。


人につけこんで。
弱味や感情に、つけこんで。
俺は、嫌。


昔…
そんなの、みんなしてるんだから!
そうやって、手に入れたらいいじゃん!
それも、方法じゃん!
…言われたこと、フラッシュバック中。


恋なんて。
人生の駆け引きなんて。

エゴとエゴの、シーソーゲーム。


そのとおり。


だけど。

俺は。

やっぱり…


あるがままの、こころで。

そっちが、イイ。

だから、そっちを、選んで。
やる。


あるがままの、こころで。
生きようと、願う、から。

人はまた、傷ついていく。

…けど。
それでも。

俺は、そっちが、イイ。


あるがままの、こころで。
一緒に、出来る、人。
一緒に、歩める、人。



その人だけが、本物。


俺は。
本物しか、いらない。

変わらない、大切な、本当のこと

それだけしか、いらない。
[PR]