僕が僕であるために \x87A

やべっ。

この年になって、尾崎の歌詞が、すげぇ染みる(>_<)

俺って、まだ、思春期の少年のハートなのか?(笑)


ま、でも。
現実は『創る』もの。


行動、結果…
そこにだけ。

その人が、思っている、『本当のこと』…本性…が、あらわれる、だけ。


やっぱ、それしか、ないんだな。


現実は、結果。


降ってなんかこないし、自分の都合よくうまく…なんか、ありえない。


だからこそ。

やっぱ、曲げちゃいけないもの、出来なきゃなこと。

ある、な。



その上でしか。

現実に、ゆったり笑って…なんか、出来ないんだからさ。

安心・約束。


それが、キーワード、だからこそ。


隠したり、その場を繕ったり…は、いらなくて。

ありのままに。


過去・事実・現実…の、上でしか。
やれないから。
だからこそ。


今から先を…

どうするのか?


やっぱ、それしかないね。

うん、うん(´ω`)


ここ数日は、同じようなことばっか書いてる気がしてきた(笑)

…多分、それが、今…自分にとって、大事で、思ってることなんだろうな。


てか、どんだけ、不器用なんだ?…って話なんだけどさ(笑)


ラヴの背中をさすりながら。

考え、反省。

あしたには…また、ちょっとでも↑なる『ために』
[PR]