一度だからこそ

人生も。
時間も。
一回しか、ない。


たった一回しかない、2011年は、もう12月8日まで、終了しました。

もう、戻れない、やり直せない…
過ぎた、時間。
やったこと、行動したこと。
起きたこと、現実。

すべては、ただ、事実として…積み重なった。


あの時…
もし…
そう想うことは、たくさをたくさん、あって。

けれど、過ぎ去ったすべては、事実は、どうしようもない。
変えられない。
曲げられない。


ただ…未来を。
どうするのか?

人は、そうしか、出来ないんですよね。


ホントに、時間は、あっという間です。
チャンスは逃したら、次に自分の都合に合わせて…なんかやってきません。

今。
行動を、起こし。
チャンスすら、自らの手で作り出し。
過去を、現実を、変えていく…


変わったらいいなぁ…想うだけでは、何も変わらない。
ぼたもちを待ち、口を開けて、動かず立っていても…何も変わらない。

時だけが過ぎ、一度しかない人生の砂時計の砂は、減り続ける。


現実を未来を変えたいなら、小さな一歩…
そんなことを、昨日書きましたけど。

『小さな当たり前』を…って。


それは、ね。
『現実に出来ることを、やっていく』…ってことなんですよ。

どっちが現実にイイか?…その、小さな差異が、未来での決定的な差になる。


未来を先を見通す、目。
本質を本性を見抜く、目。
いたくても厳しくても決してそらさない、目。

それを持てれば…
違うものが、見えるんだけれど。

シャア・アズナブルは『愚民どもに叡智を授けてみせろ!』…とおっしゃられたけど(笑)
それもまた、真。


ただ、単純に…
『自分自身に正面から胸を張れたなら』…誰に対しても堂々と胸を張れる。

闇の柔らかさに身を委ねず、光の厳しさに逃げなければ…自然と磨かれていく。

それは、ね。
『自分が出来ること』を、精一杯やる
…そこが、未来を可能性を広げていく、望む未来を手に入れる、昨日の自分よりほんの少し成長出来る…スタートライン。


成功と失敗の、原因は。
ほんの小さな、差なんだよ。

ディティールの、小さな差。
認識の、小さな差。
行動の、小さな差。


それが、決定的な差に、なる。


2本の線があって。
その線が、平行なら…永遠に交わらないけれど。
どちらが、1度でも角度が違ってたら…

目の前で、すぐ…は、違いが解りにくいけれど。
長い線…になった時、その2線は必ず交わる。
その反面…逆端では、とんでもない開きが発生してる。

同じ、原点から発した線も。
小さな小さな角度、差異…が。
長い線になった時、決定的な差に開きに、なっている。

それが、人生の、結果の、現実の差異は…小さな差によって決まるってこと。



出来ることを、やる。
よりイイものを、選択する。

…目先、今だけ…じゃない、永遠を貫く本物を。

それが、未来を変えるってことなんだ。



…こんなこと。
みんな、『わかってる』

解ってるよ!…って、言う。

けどね。
行動していないなら、解ってない、思ってない、それだけだよ。


思うなら、やる。
行動したことだけが、本当に思っていること。

本質は、行動にだけ、現れる。


小さな小さな、一歩で。
みんなが…こころから笑える刻を。

取り戻し。
創り築き。

未来で、みんな一緒に笑い合えるために。

今。
いつかじゃない、今。
[PR]