ほんの少しのこと

なんてことのない、当たり前。

でも、人によって…
その、当たり前は、ほんの少し、違ってる。


刺激的なドキドキは。
幸せであるかのように、感じることもあるけれど。

でも、きっと、ほんの少し、違ってる。



人生は、選択の繰り返し。
常に、選択をし続けていく。

同じ刻の中には、一つのことしか入らない。

右の道を選んだら…
左の道は、同時には、通れないし。

幸せに、(現実に)なれる人と、幸せに、なることを…していれば、幸せになるし。
不幸に、(幸せになれると思い込んで)なる人と、不幸にしか、ならないことを…していれば、不幸になる。

ただ、それだけ。

幸せの道、幸せの刻…を選んで過ごしていれば、他のものは入ってこない、不幸になるわけがない。

同じ刻の中で、同時には、出来ないんだから。

不幸になる道、未来で疲れとため息しかでない刻…を選んで過ごしてれば、他のものは入ってこない、幸せになるわけがない。

同じ刻の中で、同時には、出来ないんだから。


ほんの少しの、差。
ほんの少しの、選択の差。

生きるってことは。
ご飯を食べるということ。
それは、生きているかぎり、お金が必要になり、常について回る…ということ。

生きるってことは。
心臓が動いていて、脳が働いているということ。
それは、ゆったりと刻を過ごし、無理や無茶をせず、たっぷりと寝て、元気に健康に…いることが必要だということ。
笑顔でいるということ。


生きる…ってことは。
誰かに繋がり連なり。
それは、先達や祖先あるいは今という刻を過ごすすべての人々と…
触れ合った袖の縁は、そこに必ず、意味と必然があって。
その縁で繋がった人々、共に同じ刻を過ごしている人々に…借りをつくり続けているということ。

借りを、返し。
優しさを暖かさを、与え合い。
得意や不得意を、補い合い。
助け合い、分かち合って、お互いが一緒に笑顔であれることを、お互いにし合うということ。


ほんの少しのこと。
ほんの少しの、当たり前…って、みんなが言うこと。
そんなことが、そんなほんの少しが、きっと、大切なことだと、思う。



他人は自分じゃない…って気付くこと。
現実は、単純ではっきりしたものだ…って認識すること。

そんな、ほんの少しのことが。
選択を、変える。
行動を、変える。
未来を、変える。



今の目の前のこと…を。
そこだけを見ていたら。

それが、どこに繋がっているか、見えなくなる。


見えない頂きを見続けていたら…
今の一歩は、歩み出せない。


きっと、今。
あの日、あの刻を、経た、今。


そんな、ほんの少しの部分が。

すごくすごく、大切で。


その、ほんの少し…が。

未来を、決定的に、変えてしまう。



現状復旧は、復興と同義ではないし。
時間・金・労力…を総体的に判断した行動でないならば、それはうわべだけの、今の目先だけの、幻想、夢物語にしかならない。

現実に為し得ないことは、成し得ない。


でも、今がなければ、未来もない。


金も食べ物も生活も…
降ってこないし。

自分の都合に合わせて、都合イイ時に都合良く…
なんか、ならない。

生きている『常に』
必要に、なり続けるもの。

生活、金、飯、現実。

健康、しなくてイイ苦労や無茶がない平凡、ゆったりまったりとありのままにある…笑顔。

家族、仲間、そしてこの世に在する『今という同じ刻を共に生きて、共に存在する』すべてのもの…と。
共に繋がり連なり、借りをつくり借りを返し、補い分け助け…合いながら。

それが、常に。
あらねば、生きてはいけない。



甘ったるい幻想というお菓子、ドキドキというスパイスのきいた色恋やら好きだ嫌いだだのの感情は…

食べた瞬間は、刺激があるんだけど(笑)

食べ続けてたら、疲れちゃう。
食べ続けられない(笑)

そんなんじゃ
体も気持ちも、壊れちゃうよ。



普段は、気付かない
なんてことないこと。
ほんの少しのこと。


それが、幸せに、繋がる道。
それが、未来を、変える道。


今。
そんな、ほんの少し、を。

見つめ、省み。
気付けたならば。

明日は…
未来は…



ほんの少し、みんなが、歩んだならば。

明日は…
未来は…


ほんの少し、だけでいい。
それが、大切だと思う。
[PR]